社会人におすすめのWebデザインスクール【スクール経験者が厳選】

2019年11月18日

「手に職を付けたい」
「副業でWebサイトを立ち上げたい」
「Webデザインの仕事がしたい」

このように社会人になってから、好きなことや本当にやりたい仕事を発見して、Webデザイナーを目指す人って意外と多くいます。

チバッチ
僕も社会人になってからWebデザイナーになりたいと思い転職した1人です。

一番効率よくWebデザインが学べる環境が「Webデザインスクール」です。

現在、社会人のままでも通えるWebデザインスクールが増えてきています。

ここでは社会人でも学習しやすいオンライン型のWebデザインスクールについて紹介します。

チバッチが通ったWebデザインスクールの詳細

2005年頃に通っていたのですが、当時は社会人のままで学習することが難しく退職してから通ってました。

僕が通っていたWebデザインスクールは「マルチメディアスクールWAVE」です。
Webデザインの基礎知識からコーディングなど一通り勉強できるコースを選択しました。
ちなみに現在は閉校しています…。

WAVEの詳しい学習内容は下記の通りです。

コース名Webエキスパートコース
受講期間/学習時間1年間(フリーレッスン制)/60時間
料金入会金:21,000円(税込)
受講料:261,000円(税抜)
受講形式教室(オンデマンド授業)
開講時間平日10:00~22:00
土日祝10:00~18:00
講師の質現役講師(オンデマンド担当)
サポート体制インストラクターによるサポート

WAVEは通学型のWebデザインスクールです。
パソコンに併設されたモニターに授業動画が流れ、その内容を見ながら実際に手を動かして学習するスタイルでした。

学習時間はトータルで60時間。卒業課題が終了した時点で修了証書がもらえます。
残りの期間はフリーレッスンとなり、復習したりポートフォリオ制作などで利用を続けることができました。

WAVEのメリットは、自分のペースで学習できるところで、自由に好きな時間帯で学べるので、アルバイトと両立しながら通うことができました。

無料体験は必ず受けた方がいい

Webデザインスクールは、各校本当に授業スタイルが異なるので、無料体験や見学は必ず受けた方がいいです。

僕は3つほど候補があり、全て見学しましたが事前に請求していたパンフレット内容と相違があったり、スクールの雰囲気がいまいち合わないなど、実際に行ったり体験しないと気づかないことがたくさんあります。

もし気になるWebデザインスクールがあったら、資料請求だけでなく見学や無料体験など受けられるところであれば必ず受けるようにしましょう。

Webデザイナーとして身につけたいスキル

Webデザイナーとして転職するのであれば最低限、下記のスキルは身につけておきましょう。

身につけたいスキル

  • Webデザインの基礎知識
  • レスポンシブデザイン
  • Photoshop(画像加工)
  • HTML(HTML5)
  • CSS(CSS3)
  • JavaScript
  • jQuery

あとは、必要に応じてSEOWebマーケティングUI/UXデザインなど身につけていくと、よりスキルの高いWebデザイナーとして認められやすくなります。

このあたりのスキルは書籍で学んでもいいですし、Webデザイナーとして働き始めたときに実践しながら学ぶと効率よく学べることができるでしょう。

社会人におすすめのWebデザインスクール

仕事をしながらWebデザインを学ぶには、仕事終わりや休日を利用しなければいけません。

そこでここでは下記の条件を元に、社会人でも無理なく学べるWebデザインスクールを厳選して紹介します。

条件

  • オンライン形式であること
  • 講師に質問できる環境であること
  • 転職サポートがあるところ

TechAcademy(テックアカデミー)

コース名Webデザインコース(社会人4週間プラン)
受講期間/学習時間30日
料金139,000円(税抜)
受講形式オンライン学習
質疑応答チャット:毎日15時〜23時
講師の質現役講師
サポート体制専属講師によるビデオチャットサポート:週2回

身につくスキル

  • Webデザイン
  • レスポンシブデザイン
  • グラフィック(Photoshop)
  • ワイヤーフレーム(Cacoo)
  • カラー/フォント
  • コーディング(HTML5/CSS3/Sass/Compass)
  • JavaScript
  • jQuery
  • Git/GitHub

特長

TechAcademyは、現役のプロがマンツーマンでサポートをしてくれるオンラインスクールです。

未経験の人でも学習しやすいよう、随時チャットによる質問ができ、分からないことや気になることなど即解決できるサポート体制になっています。

また週2回、講師による1対1のメンターサポートがあるので、進捗状況や今後の進め方など相談できる場が設けられているのが特長です。
転職サポートも付いており、受講生限定の転職サポートサービスが利用できます。

無料体験も用意されており、1週間体験することができます。
無料体験でもメンタリングやチャットサポート、課題のレビューなど活用できるので入学したときの環境下で体験可能です。

CodeCamp(コードキャンプ)

コース名デザインマスターコース(2ヶ月プラン)
受講期間/学習時間60日
料金入会金:10,000円(税抜)
受講料:148,000円(税抜)
受講形式オンライン学習
質疑応答チャット:毎日7時〜23時40分
講師の質現役講師
サポート体制・レッスンごとに講師の指名が可能(ビデオ通話)
・レッスン回数無制限

身につくスキル

  • Webデザイン
  • レスポンシブデザイン
  • グラフィック(Photoshop/Illustrator)
  • コーディング(HTML5/CSS3/Bootstrap)
  • JavaScript
  • jQuery

特長

CodeCampも、現役エンジニアによる講師が1対1で指導してくれるオンラインスクールです。

CodeCampの場合、あなたの学習スタイルに合わせて講師が選べるようになっています。
各コースには期間が選ぶプランが用意されており、「2ヶ月」「4ヶ月」「6ヶ月」から選択可能です。(プランによって料金が異なります)

無料体験レッスンも用意されており、学習によるヒアリングや学習体験、質疑応答などオンラインスクールに入校に関する不安を解消することができます。
また無料体験レッスン後は、入校時に利用できる割引クーポンが貰えます。

デジハリ・オンラインスクール

コース名Webデザイナー講座(就転職プラン)
受講期間/学習時間7か月
料金256,000円(税抜)
受講形式オンライン学習
ライブ授業:20時〜21時(1時間×5回)
質疑応答ライブ授業のみ可能
講師の質現役講師
サポート体制・講師による課題添削
・レッスン回数無制限

身につくスキル

  • Webデザイン
  • レスポンシブデザイン
  • グラフィック(Photoshop/Illustrator)
  • カラー/フォント
  • コーディング(HTML5/CSS3/Dreamweaver)
  • JavaScript
  • jQuery
  • 企画
  • ワークフロー

特長

デジハリ・オンラインスクールは、クリエイティブ系スクールで有名な「デジタルハリウッド大学」が運営しているオンラインスクールです。

受講期間中に閲覧できる動画をメインに学習を進めているスタイルとなっています。
プロ講師によるライブ授業も受けられ、その場で質問しながらリアルタイムで学習できるカリキュラムも5回用意されています。

またデジハリ生限定の非公開求人が利用できるので、クリエイティブに特化した求人情報を閲覧し応募することが可能です。
無料体験がないため、まずは資料請求をしてパンフレットを見ながら他社と比較して選択するといいでしょう。

オンラインスクールに必要な学習環境

オンラインスクールは自宅で学習するため、次のモノが必要です。

  • インターネット回線
  • パソコン
  • マイク付きイヤホン
  • Adobe Creative CloudまたはPhotoshopとIllustrator

パソコンはAdobeのソフトが正常に動作するスペックのものが必要です。

パソコンの選び方については下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

Adobeのソフトに関しては、利用するオンランスクールによって必要なソフトが異なります。
本格的に学ぶのであればAdobe Creative Cloudの購入がオススメです。

まとめ:ライフスタイルに合ったWebデザインスクールを選ぼう

Webデザインスクールを選ぶ基準は、継続して続けられるようライフスタイルに合ったところを選ぶのがポイントです。

また転職サポートをしっかりと活用することで、未経験でもWebデザイナーになれる可能性が高まります。

まずは一度、無料体験など受けて授業の雰囲気や学べるスキルなどしっかりと比較した上で決めるようにしましょう。

Copyright© monook(モノック) , 2019 All Rights Reserved.