Adobe CCを安く買う方法を解説【最大41%OFF】

2019年11月23日

Webデザインを勉強する上で欠かせないソフトが「Adobe Creative Cloud」です。

現在はサブスクリプション方式(利用期間に対して料金を支払う)となっており、月額契約または年間契約することで利用することができます。

Adobe Creative Cloudは、公式サイトで購入するよりも安く買う方法があります。

ここではAdobe Creative Cloud(コンプリートプラン)を安く買う方法について紹介します。

Adobe公式サイトの価格

まずAdobe公式サイトで購入した場合の料金を調べてみました。

2019年5月現在のAdobe Creative Cloudコンプリートプランの料金は下記の通りです。

プラン料金
年間プラン:月々払い5,680円(税別)
年間プラン:一括払い65,760円(税別)
月々プラン:月々払い8,980円(税別)

各プランの中で一番お得に購入できるのが「年間プラン 一括払い」となります。

しかし公式サイト以外でもAdobe Creative Cloudコンプリートプランを購入することが可能です。
しかも公式サイトよりも安く買えるのでかなりお得となっています。

「Adobe Creative Cloud」を安く買う方法

Adobe Creative Cloudコンプリートプランを安く購入するには主に2つの方法があります。

安く買う方法

  • Amazonで購入する
  • アドビ スクールパートナープログラムを利用する

それぞれ詳しく説明していきますね。

Amazonのセール期間中に購入する

Amazonでは、Adobe Creative Cloudコンプリートプランがセール品価格になって購入できる期間があります。
実施されるセール期間は不定期ですが、結構な頻度で行っている印象です。

2019年5月現在では、ちょうどセール期間中となっており定価の31%OFFで購入することができます。

割引率も期間によって異なるので、セール期間を狙って購入すると安く手に入ります。

アドビ スクールパートナープログラムを利用する【オススメ】

もっとも安くAdobe Creative Cloudコンプリートプランを購入するなら、「アドビ スクールパートナープログラム」対象の企業から購入する方法です。

アドビ スクールパートナープログラムとは、アドビソフトのトレーニング目的として提携パートナー企業からAdobe Creative Cloudコンプリートプラン(12か月分)を、特別価格で購入することができます。

トレーニングが目的なので、パートナー企業が販売しているトレーニング教材とセットでの購入が必要です。

トレーニング教材がセットになっているから、あまり安く印象がないかもしれません。
しかし、ほとんどのパートナー企業では、トレーニング教材とAdobe Creative Cloudコンプリートプランのセット価格が、公式価格よりも40%以上安く購入することができます。

購入できるAdobe Creative Cloudコンプリートプランは、「学生・教職員個人版」となりますが、個人版と全く同じ内容です。
また個人利用であれば学生・教職員個人版でも商用利用が可能なので、フリーランスになっても引き続き利用することができます。

とくにこれから独学などでWebデザインの勉強をする人は、操作方法が学べるトレーニング教材とセットなったAdobe Creative Cloudを購入すれば一石二鳥となるのでオススメです。

パートナー企業はいくつかあるのですが、ここでは代表的なものを紹介します。

デジハリ・オンラインスクール

デジハリ・オンラインスクールが提供している「Adobeマスター講座」を受講することで、Adobe Creative Cloudが付属します。
講座内容は下記の通りです。

講座内容

  • Illustrator/Photoshop実習
  • HTML/CSS/Dreamweaver実習
  • After Effects/Premiere実習
  • Flash/ActionScript実習

講座受講期間は1ヶ月、課題の添削期間2ヶ月間となっています。

講座は全て動画教材となっており、受講期間が過ぎると視聴できなくなるので注意してください。
受講期間が短いので集中して学べる時期に申し込むといいでしょう。

ヒューマンアカデミー「たのまな」

たのまなが提供している「Adobeソフト付講座」は、オンライントレーニング版とDVDトレーニング版の2タイプがあります。

オンライン版は受講期間中のみ講座動画を視聴することができます。
一方のDVD版は自宅にDVD教材が届くので、期限を気にせず視聴することが可能です。

オンライン版の方が断然に安いので、Adobe Creative Cloudの購入目的であればオンライン版を選ぶといいでしょう。

まとめ:Adobe Creative Cloud学生・教職員個人版が安い

Adobe Creative Cloudを買うならスクールパートナープログラムを利用して学生・教職員個人版を手に入れるのが一番お得です。

Adobe公式サイトで正式に提供しているサービスなので、社会人でも問題なく利用することができます。

ヒューマンアカデミーは、たまにキャンペーンを実施しているので定期的にチェックしてみるといいでしょう。

Copyright© monook(モノック) , 2019 All Rights Reserved.